スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放浪息子 12巻

51hl0bCRGQL__SL500_AA300_.jpg

エンターブレイン コミックビーム
放浪息子 12巻
志村貴子



あらすじ

女の子になりたい男の子・“二鳥修一”と、男の子になりたい女の子・“高槻よしの”。
中学生活最後の文化祭、出し物の「ファッションショー」で
“修一”が悩みながらも選んだ服とは? 
そして季節は刻々と流れ、高校入試、卒業式を終えた“修一”たちは、
ついに高校の入学式を迎える……。





12巻待ってましたー。
以前アニメが始まるとの事で漫画を読み始めたのですが
これがまた面白く、12巻を待ちに待っていました。
前回までの話しは、中学3年生になった“修一”は、体の変化に戸惑いを隠せない。
一方で、“よしの”は、兼田先生のことが気になり出して……。
中学最後の文化祭の季節になり、“修一”と“よしの”のクラスは
ファッションショーをすることになり、クラスの皆は各々のファッションをする中
“修一”は女装で出演することに。

12巻では中学編が終わり、高校編へ進み事になるのですが
今回の巻は短編のような話しが多かったです。
93話はクリスマスの話しになっており、皆各々のクリスマスを送る中
“千葉さおり”は“二宮文弥”に告白され付き合うことに。
個人的にはこの“二宮文弥”というキャラはあまり好きではないです。
なんだかこの告白のセリフも嘘っぽく“さおり”が
今後どうなって行ってしまうのか目が離せません。

95話は皆の高校受験の日で皆行きたい高校に行きたいな~など
思う気持ちがこっちにも伝わってくるような話しになっておりました。

96話では卒業式になり、“修一”は第一志望に落ちすべり止めで受けていた
“有賀誠”が行く高校へ行くことになり、どうでもいい気持ちになって行き
高校が始まるまで髪を染めることになる。
そんな髪を染めた“修一”を見て皆が驚くのですが、それは驚きますよね
今まであんなにおとなしかった少年が急に髪を染めてくるだなんて。
こんな“修一”にいつも優しく接する彼女の“末広安那”は可愛いですねw
女装をする“修一”を受け入れらり、どんどん背が高くなっていきかっこよくなっていく
“修一”にどきどきする“末広安那”も今後目が離せないです。

“修一”はどうしても女の子になりたく、女装をしウェイトレスのバイトをするのですが
この女装はバイト先の人にも言っておらず、最後には正直に男だと言うのですが
このバイト先の喫茶店のお姉さんがまたいい人なのですよ。

高校生編になり今後皆はどんな大人になっていくのかがとても楽しみです。
話しはどこまで行くのかはわかりませんが、大学までは行って欲しいですね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。