FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進撃の巨人 5巻

51t9QwO4P4L__SL500_AA300_.jpg

講談社 別冊少年マガジン
進撃の巨人 5巻
諫山創



あらすじ

巨人化した“エレン”の活躍により、人類はウォール・ローゼの
トロスト区奪還に成功する。
成功と同時に意識を失った“エレン”が目を覚ますと、
そこには調査兵団団長“エルヴィン・スミス”の姿が。
“エルヴィン”は巨人の謎が眠るとされる“エレン”の生家への調査を決意。
そのためには“エレン”の力が必要だと言うが‥‥。





この漫画はなぜこんなに人気なのかが謎です。
絵は酷いのに…
内容は、世界に現れた体長30メートルの謎のヒト型怪物「巨人」たちにより捕食され、
存亡の危機に瀕した人類。
生き残った人々は、三重に築かれた巨大な防護壁の内側に
生活圏を確保することで安全を得るに至った。
“エレン”が10歳を迎えた年、突如として現れた、
従来の巨人を遥かに上回る身長と圧倒的な腕力を持つ「超大型巨人」により
シガンシナ区の壁が破られ、多数の巨人が市街地に侵入する。
アルミンの機転で間一髪助かった“エレン”と“ミカサ”だったが、
2人の眼前でイェーガー邸は破壊され、母・“カルラ”は捕食される。
ウォール・マリアは放棄され、一段内側の「ウォール・ローゼ」内へ
難民たちが向かう船中で、“エレン”は巨人の駆逐を心に誓う。
2年後、“エレン”、“ミカサ”、そしてウォール・マリア奪回作戦の失敗で両親を失った
“アルミン”の三人は第104期訓練兵団に入団し、対巨人戦闘術を学んでいく。

5巻では話しが進み、以前「巨人」に奪われてしまったウォール・マリア奪還の
ための調査が開始するところまで話しが進みました。
今回の巻で新登場する“ハンジ”分隊長が色々とやばかったです。
この“ハンジ”分隊長は「巨人」を2体捕獲し、生態調査を
担当しており、異様なまでの「巨人」への接し方が変人っぽく描かれており
印象深いキャラになりました。

5巻冒頭では、「巨人」と遭遇した調査兵団の話しなのですが
この話しは今後にもっとも重要ではないかと思う話でした。
まさか「巨人」が!!
のような感じでした。

最後では新たなる「巨人」が現れたりなど、
話しはどんどん進んで行く感じがしましたね。
この漫画はなんとなくで買っているような物です。
たぶん6巻も出たら買うとは思うのですが個人的にはあまり
オススメする漫画ではないかなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。