FC2ブログ

アクセル・ワールド 2巻

51FyA+s2SFL__SL500_AA300_.jpg

アスキー・メディアワークス 電撃文庫MAGAZINE
アクセル・ワールド 2巻
合鴨ひろゆき 川原礫 HIMA



あらすじ

バーストリンカー“シルバー・クロウ”となった“ハルユキ”は
“黒雪姫”を襲う謎の敵“シアン・パイル”の脅威を排除するため、
彼女を護る騎士として立ち向かうこととなる。
しかし“黒雪姫”が敵の正体として疑いの目を向けていたのは、
“ハルユキ”がよく知る「ある人物」だった。
意見を違えた“黒雪姫”と“ハルユキ”。
そのわずかな歪みが、事態を最悪の方向へと導く__!?





1巻からだいぶ間が空いてしまいました。
前回は、いじめられっ子でいたデブな中学一年生、“ハルユキ”は
ある日、校内一の気品と美貌をもつ“黒雪姫”と出会う。
彼女から託された謎のソフトウェア“ブレイン・バースト”。
そのソフトウェアには“加速世界”という秘密があり、
中学内格差最低辺にいた“ハルユキ”の運命は…
ソフトウェア“ブレイン・バースト”の内容とはただ加速するだけの物で
はなかった、“ブレイン・バースト”を持っている者同士の格闘ゲームと
いうソフトウェアだったのだ。
そのゲームないにあるポイントが0になると加速ができなくなるという
ルールで相手のポイントを奪っていく戦いが行われている。
“黒雪姫”はそのゲーム内でもトップクラスの“純色の六王”の一人
“黒の王”だったことを“ハルユキ”に告げ、“ハルユキ”はひとり孤独
な“黒雪姫”を助けるため“シルバー・クロウ”として立ち上がる。
そんな中、“黒雪姫”を狙って“シアン・パイル”という敵が現れる。
その“シアン・パイル”は“ハルユキ”の近くにいる人物ではないかと
“黒雪姫”と“ハルユキ”はリアルの人物を探そうとする。
前回まではこんな感じでした。

2巻では“黒雪姫”がまさかの事故で入院してしまうのですが
この事故のシーンでの“黒雪姫”がかっこよすぎでした。
“ハルユキ”を守るとこなんかがたまらなかったです。

“黒雪姫”が入院中に“ハルユキ”は一人で“シアン・パイル”を探すの
ですがその“シアン・パイル”がまさかの人物でびっくりでした。

それにしても“シルバー・クロウ”のビジュアルがダサくてしかた
なかったですw主人公なんだからもっとかっこよくてもよかったのに…
きっと今後何らかの進化がありますよね。
“シアン・パイル”との戦いでも新しい力手に入れていましたし。
今後どんな戦いになるのか楽しみです。

2巻は“黒雪姫”の色々な表情がたまらない巻でしたw
入院中の“ハルユキ”に照れる“黒雪姫”はニヤニヤが
とまりませんでした。
この二人の関係はどうなっていくのでしょうか。
早く3巻発売してくれ~。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR