スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士道シックスティーン 4巻

  
51hxRauZWGL__SS500_のコピー

          
集英社 別冊マーガレット
武士道シックスティーン 4巻
誉田哲也 尾崎あきら



あらすじ
大会で力をふりしぼる仲間を目にして剣道部に戻りたいと思う香織だが、
なかなか踏んぎりがつかない。
そんな香織に対し、早苗は「ある理由」から挑戦状を叩きつけ、真剣勝負を挑む――。
剣を交えて愛を知る、青春ストーリー堂々の完結!!



いや~いい最終回でした。

全国大会で磯山のせいで、団体戦ダメにしてしまったこととかで
自分の剣道は、ただ相手を切り捨てるだけの物ではない
と三年生の最後の試合を見に行き、そこで剣道は
『互いを生かし合うための剣』と知ったところはとても良かった。

磯山はお父さんと昔のように、話せるようになり
早苗と、もう一度市民大会で戦うことになる。

このシーンは、一年間二人が真剣に剣道に向き合っていたのが
とても良くわかるシーンで、もうここが最後でもいいんじゃないかって
感じでしたw

最初と比べて磯山は笑顔が作れるようになり、早苗は剣道で
勝ちたいという気持ちになって、二人の成長がとても
良く描けている作品だったと思う。
スポンサーサイト

武士道シックスティーン 3巻

   
51BQqZgdVqL__SS500_のコピー

           
集英社 別冊マーガレット
武士道シックスティーン 3巻
誉田哲也 尾崎あきら



あらすじ
関東大会で団体優勝したものの「剣道を続ける理由」を見失った香織は、剣道部から離れることを決める。
チームを刺激する香織を見て自分の剣道に疑問を持ち始めていた早苗は、香織を引き止めるが…!?
迷って、ぶつかって、それでも自分の道を探し続ける少女たち。
剣道の、そして漫画の神髄に迫る第3巻。



3巻、なんて良い話なんだ。
なんのために剣道をしているかわからなくなる磯山、色々な人
と話し、悩んだりして西荻と一緒に楽しく剣道をしようとして
いるところがとても良かった。
磯山がお父さんに認めてもらいたいってところがとてもいいですな。
コマの描写もとてもいいし、キャラも一人ひとり綺麗に描いて
あってオススメです。
次は4巻読もう。

武士道シックスティーン 2巻

   
517PmRqPM6L__SS500__edited-1.jpg

          
集英社 別冊マーガレット
武士道シックスティーン 2巻
誉田哲也 尾崎あきら



あらすじ
1年生ながら、関東大会団体戦の先鋒に選ばれた香織。
不安定な実力ながら、早苗も補欠に選ばれる。
予選の最中に、香織が負傷!?
痛みを押して出場するものの、試合後に倒れてしまった香織は…!?
そして、早苗の足捌きの秘密とは!?
大人気連載、待望の2巻。



いやいや1巻に続いて2巻も読みました。
2巻は早苗目線のところが多くて、早苗は勝ち負けなんて関係ないという、考えで剣道をやっていましたが、その想いが変わりつつある2巻目でしたな。
磯山の過去もかなりよかった過去にあんな…。
このちょいちょいある、4コマがまた面白いw
明日は3巻かな。

武士道シックスティーン 1巻

    
51ECKQ30Z2L__SS500_のコピー
          
集英社 別冊マーガレット
武士道シックスティーン 1巻
誉田哲也 尾崎あきら



あらすじ
剣道エリートの香織が、無名の選手「甲本」に敗北!?
兄の宿敵「岡巧」を倒すため、そして、「甲本」と再び戦うため、
香織は゛東松学園゛に入学して…。
青春時代を剣道にかける少女たち。
傑作青春小説を完全漫画化!!



磯山香織が甲本(西荻早苗)が、剣道の試合をするところからり、まさかの剣道歴3年の早苗にエリートの磯山が負けてしまうところから始まるとは、展開が速いのかと思いきや、ここから二人の話が始まるところがいいのですよ~
磯山は負けたのが気に食わなくて、早苗が行く東松学園に行くんですがそこから、この二人の剣道に対する意識や想いがいろいろと変わっていくところがとても面白かったです。

秒速5センチメートル 2巻

  
51TXW9FBwdL__SS500__edited-1.jpg
          
講談社 アフタヌーン
秒速5センチメートル 2巻
新海誠  清家雪子



あらすじ
遠野貴樹は小学4年生の春、同じクラスに転校してきた篠原明里と出会う。
親の都合で転校が多い二人はすぐに意気投合し、互いに感じる親しさは恋だと確信する。
幼い恋は長くは続かず、明里は栃木へ貴樹が種子島へ転校する事に。
種子島へ行く前に、貴樹は悪天候をついて栃木えお訪れ、明里と奇跡的な再会を果たし、思いを確認した。
種子島で中学から高校へ進んだ貴樹は、澄田花苗に出会うが……。



1巻目の終わりはかなり良かったです。
貴樹の明里への想いがたまりませんw
でも、理沙と栃木に行ったときに、理沙は電車降りてるのに貴樹がそのまま電車に乗ってるところは理沙が可哀想でしかたなかったです。
話しはすごいよかったけど、個人的に面白いと思ったのは、小学校~中学校までの明里とのところが一番良かったです。
高校からは貴樹が抜殻すぎて…
元が映画だから今度見てみようかな。

-ヒトガタナ- 4巻

  
41vUdXnZI6L__SS500_.jpg
                                      

マッグガーデン 月刊コミックブレイド
-ヒトガタナ- 4巻
オニグンソウ



あらすじ
今、この瞬間、この場所こそが、自分達の待ち焦がれた舞台――。
遂に巡り訪れた戦いに歓喜し、『天下五剣』を操り『対刀犯罪課』と死闘を繰り広げる『アルチザン』。
『対刀犯罪課』も彼らに対し総力で挑むが、過去と向き合うことを恐れる忍は、動くことができず…。




アルチザンと対刀犯罪課の戦いがはじめりまして、アクションシーンがかなりすごかったです。
流石オニグンソウ先生、絵がすごく綺麗ですよ~。
4巻目でついに、格班の班長が戦闘に出てきて面白くなってきました。
個人的には五班班長の刀が良かったですね~
まだ十種の最終兵装が出てないのでいついつでるのかが、気になってしょうがないw
5巻は今年の夏頃予定みたいってことで待ちきれないですよw

ブログ始めてみました

今日からコミックの感想なんかを書いちゃうブログ始めてみました。
1日1冊はコミック読んでいるので、1日1回は更新がんばります。
プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。