スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ましろのおと 4巻

51WBnvSxdSL__SL500_AA300_.jpg

講談社 月刊マガジン
ましろのおと 4巻
羅川真里茂



あらすじ

津軽三味線甲子園「松吾郎杯」に向けて切磋琢磨する愛好会の面々。
指導者・“大俵先生”の発案により“夏合宿”に向かうことに‥‥
「松吾郎杯」まで残り僅かな時間の中、それぞれの課題を克服できるのか!? 
“雪”の団体戦への出場を知り全国の猛者たちも動き出す!





初めは津軽三味線の漫画は珍しいと思い読んでみたのですが
これがまた面白い。
個人的には『ちはやふる』みたいな雰囲気の漫画だと思います。
話しの流れが津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた
津軽三味線奏者・“澤村雪”(さわむら せつ)。
師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった“雪”
東京の高校に転入した“雪”はクラスメイトの“前田朱利”が
「津軽三味線愛好会」を設立しようとしていることを知る。
“雪”は「津軽三味線愛好会」に入ることに。
遂に始動した「津軽三味線愛好会」は雪の母、“梅子”により
設立された「松吾郎杯」に向け練習を始める。
しかし、部員が集まらなかったり、指導者がいなかったりと前途多難で!?
前回までがこんな感じでした。

今まで大会には興味がなかった“雪”が徐々に大会に興味が沸いていき
個人戦に出ることを決意したりと“雪”が少しずつ変わっていく感じが
引き込まれて行くところだと思います。
今までは祖父の音しか知らなかったのですが、色々な人の音を聞き
基本を学んだり、愛好会のメンバーに津軽三味線に教えたりと
この二つも“雪”を変えていくポイントですた。

4巻では指導者がついに登場しました。
“大俵ヒロシ”登場しつ直ぐに皆から色々言われたりと
かなり可愛そうなキャラでいたw
顔が変態みたいとか酷すぎましたよw

今回の巻では合宿があり、ここで一週間「松吾郎杯」に向けて
練習することになりました。
ここではなかなか先へ進めなかった“朱利”がなんとか先へ進むことが
できたりと皆この合宿で色々身につき重要な話しになっておりました。

合宿中ので“山里結”が可愛く見える話しでもありました。
男子に見向きも去れない“山里結”が泣きながらお風呂に向かうところに
“雪”が現れかっこいいセリフを言うのです、その途中で“山里結”の
「可愛い女に騙されとけっ」というセリフの“山里結”がもう可愛くて
騙されたくなりましたよw

この漫画は月刊マガジンのホームページに紹介CMがあり、津軽三味線の
曲も一緒に流れたりなど、結構力を入れている作品なのではと
思ってしまいました。




スポンサーサイト
プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。