スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DRAGON JAM 3巻

61o4uhJ9wuL__SL500_AA300_.jpg

小学館 スピリッツ
DRAGON JAM 3巻
藤井五成



あらすじ

潮の香りのする街・鎌倉の片隅の公園で、
高校に通わずバスケの腕を磨く、
野良犬のような少年・“龍也”。
ひと夏の猛特訓を経て、
いよいよバスケエリート校・“辻沢高校”の一年生達と
勝負する日がやって来た…!!





等々“辻沢高校”と龍也達が対決するとこまで来ました。
前回までの話は、ストリートボーラーの“TJ”に誘われ、
“ストリートボール・リーグ”SOMECITYを初めて観戦する“龍也”。
それは、クラブハウスで行われるバスケの大会だった。
見たことのない衝撃と興奮に襲われ刺激を受ける“龍也”は、
ライバル・“涼司”の打倒に向け闘志を燃やし、
“アコ”と“タイゾー”が夏休みの期間に特訓をし、
8月31日に“辻沢高校”の“涼司”に対決を挑むことに。

今回の巻は殆どが特訓ばっかりでした。
今までは公園での練習ばっかりだったのですが、今回は
スポーツセンターへ行ったりと徐々に練習の場を増やし、
様々なチームの人と交流していくことになりました。
そのチームの中に“TEAM-S”の“アンちゃん”が登場!!
なんとこの“アンちゃん”も実在する人なのですよ。
なんだかこの漫画は“勉族”の“ぬま”といい、実在する人が
結構でてくるみたいです。

“アンちゃん”の計らいで“辻沢高校”との対決はサムシティーで
やることに。
また“アンちゃん”が龍也達の為に特訓に協力してくれたりと、
めっちゃいい人でした。
この特訓には“TJ”と“ハンサム”も加わり、練習をサムシティーでの環境と
同じ用にする為に人を集め、音楽を流して練習をしたりと、“アンちゃん”が
色々と用意してくれ、龍也達はかなりレベルアップすることになりました。
もう“アンちゃん”様様って感じでしたね。

特訓に参加していなかった“T.REX"の“マイキー”はというと
仕事で来れないということに。
その仕事とは“マイキー・バーガー”というバーガーショップという新事実がw
他の人はどんな仕事しているのか気になりますw

この特訓に協力した“ハンサム”もいつも以上に輝いていましたw
“アコ”を威圧するときの“ハンサム”の顔は3巻の中で一番かっこよかったですw
今後も“ハンサム”の出番をもっと増やして欲しいです。

3巻最後のほうでは、“辻沢高校”との対決になるのですが、
“辻沢高校”は以前戦った龍也達と動きが全然違い戸惑うことになるのですが、
戦う話しが2話で終わってしまい、この後どうなるのか気になって仕方ないです。
4巻は12月発売予定とのことで、待ちきれないですよーw




スポンサーサイト

DRAGON JAM 2巻

51A890vLp9L__SL500_AA300_.jpg

小学館 スピリッツ
DRAGON JAM 2巻
藤井五成



あらすじ

ストリートボーラーの“TJ”に誘われ、“ストリートボール・リーグ”
SOMECITYを初めて観戦する“龍也”。
それは、クラブハウスで行われるバスケの大会だった。
見たことのない衝撃と興奮に襲われ刺激を受ける“龍也”は、
ライバル・“涼司”の打倒に向け闘志を燃やし、さらなる一歩を踏み出す…!!





やっと2巻読みました。
やっぱりバスケ漫画っていいですね。
バスケやりたくなってきますよw
前回の話は“立花龍也"16歳。中卒プー。
金無し、未来暗し、あるのは直径24.5センチのバスケットボールただ一つ。
“龍也”は鎌倉の海岸近くに住む少年。
家庭の事情から高校への進学を断念。
中卒のフリーターとして毎日を過ごす。
また、ただひとつ腕に自信のあるバスケで、
海水浴客に「賭けバスケ」をもちかけ、金を稼いでいた。
そんなある日、“ストリートボーラー”の“TJ”と出会い、
ストリートボールの世界へ。

2巻では“TJ”が輝く巻になっていました。
“TJ”が出場するストリートボールの大会に龍也達を招待するところ
から始まり、TJ達の試合を見ることになるのですが、
最初の対戦相手のチーム名がなんと“勉族”という名前で
このチームは実在するもので、選手も実在する人の名前ということで
かなり面白い展開になってきています。

この試合の途中で、“アコ”と“タイゾー”の過去が少し明らかに
なったりと、二人も中学の頃にバスケで嫌な思いをし、高校では
バスケをしなくなった理由がここで少し明らかになりました。
“アコ”が少しずつ可愛く見えてきましたよw

やはりこの漫画の真の主役は“ハンサム”ですねw
“ハンサム”はどのシーンもかっこいいですし、良いシーンが多い
気がします。
審判を徹底マークしたりと面白いシーンもありと、
かなり良いキャラだと思います。
今後も“ハンサム”に期待ですw

TJ達の試合を見終わった龍也達は“辻沢高校”にリベンジするため
“アコ”と“タイゾー”が夏休みの間に特訓をすることに。
この特訓でTJ達や“勉族”の“ぬま”も加わり、今後どうなるのか
とても楽しみです。

DRAGON JAM 1巻

61AVIUT0+VL__SL500_AA300_.jpg

小学館 スピリッツ
DRAGON JAM 1巻
藤井五成



あらすじ

“立花龍也"16歳。中卒プー。
金無し、未来暗し、あるのは直径24.5センチのバスケットボールただ一つ。
“龍也”は鎌倉の海岸近くに住む少年。
家庭の事情から高校への進学を断念。
中卒のフリーターとして毎日を過ごす。
また、ただひとつ腕に自信のあるバスケで、
海水浴客に「賭けバスケ」をもちかけ、金を稼いでいた。
そんなある日、“ストリートボーラー”の“TJ”と出会い、
運命の歯車が大きく回り始める…!!





久々に良いバスケ漫画でした。
話しは中学卒業後、高校には行くことはしなかった“立花龍也"。
毎日公園で10分1ゲーム3ON3で1本500円というルールでお金稼ぎをしていた。
そんなある日、“辻沢高校”のバスケ部が現れる。
その中に“龍也"が小学6年の頃に出会った“涼司”と勝負することに。
勝負が終わった後謎の“ストリートボーラー”の“TJ”が現れ
“龍也"に新たな道を教えることに。

今アニメでやっている“ロウきゅーぶ”よりもバスケしていますw
バスケは体育館の中でしか知らなかったのですが、ストリートバスケが
こんなに動きが激しいだなんてまったく知りませんでした。
ルールが大雑把で、公式では販促のようなこともありでした。
見所はドリブルですね。
とりあえず早い。

後半に出てくる“TJ”のチームがものすごく強いのです。
しかもそのチームに居る“ハンサム”がかっこよすぎますw
“ハンサム”の本名はまだ出ていないのですが、どんな名前なのでしょう?
点を入れた後のこのチームが謎の決めポーズをするのも面白いですw

絵が少し“高橋ツトム”の絵に似ている感じがします。
特に“ハンサム”が似ていました。
話しや動きなどは良いのですが、何回かボールがどう動いているのか
わかりにくいシーンがありました。
2巻はもう発売しているので早く読みたいです。

高校球児ザワさん 7巻

_1.jpg

小学館 スピリッツ
高校球児ザワさん 7巻
三島衛里子



あらすじ
日践学院高校野球部の1年生達にとって初めての秋。
三年生は引退し、あわただしく新チームが動き始める。
野球部の紅一点・都澤理紗も、仲間とともに部の過渡期を
彼女なりのペースで歩んでゆく…。



7巻まで出ましたね。
まさかここまで出るとは思いませんでした。
7巻では登場人物の感じていることや、このマンガはほとんどが
短編の話しなのですが今回の巻では珍しく後半の話が長編の話し
で今までにないザワさんが読むことができました。

今回の巻では守口がザワさんの事が少し気になっているところや、
守口が花村の事をうざく思い始めているとこなど読んでいて自分も
高校の頃こんなことあったな~など思ってしまいました。
始めは仲がいい友達でも徐々に嫌な面が見えてくるなどがもう…

花村の彼女?の、さなえがザワさんに向ける視線が何コマかありまし
たがなんだったのでしょうか?
最後の方の視線が一番気になるところでした。
もしや8巻でなにかあるのでしょうか。
気になるー早く8巻出てくれー
プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。