スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シトラス 2巻

51oNWunf0lL__SL500_AA300_.jpg

集英社 別冊マーガレット
シトラス 2巻
香魚子



あらすじ

小さな体で傷つき、悩み成長していく4人の中学生時代ももうすぐ終わり──。
“奈七美”は自分の居場所を探し、
“崇”は片想いに区切りをつけようとする。
“蒼馬”は周りに素直になれない苛立ちをぶつけ、
“志保”はピアノで文化祭に有終の美を飾ろうと奮闘中。
卒業とともに未来へ踏み出す4人の姿を描く完結巻。





まさか2巻で終わってしまうとは思ってなかったです。
結構いい作品だったのですが…
『香魚子』さんの作品は好きで全部読んでいるのですが
この作品は初連載作品で結構楽しみにしていたのですがこれで終わりだなんて。
でも、次回作に期待しています。
2巻もすごくいい終わり方でしたし。
1巻の話しは、小さな町・木ノ戸町でまっすぐに育ってきた“志保”は今年で中学3年生。
ピアノを弾くのが大好きで将来の夢はこの町にピアノ教室を開くこと。
そんな“志保”のクラスに美少女・“奈七美”が東京から転校してくる。
“奈七美”との出会いで“志保”のすべてが変わりはじめる。

2巻では1話1話に一人一人の中学3三年間での思い出や
家族での思い出などで泣けるような話ばかりでした。
始めは“崇”は思いを寄せていた“聡美”への思いを断ち切り
あえて遠くの高校に通うようになったりと初恋が終わってしまった話でした。

7話からは文化祭の話しになるのですが、この文化祭が
かなり重要な話しになっており、この文化祭期間で後の3人の今後が
決まっていくような話しでした。
7話の始めにある女子が男子に「ちゃんと歌ってよ男子!!」と言うセリフは
結構リアルな感じでしたw
自分もこんなのあったな~など思ってしまいましたw

“志保”は3年間音楽部でピアノを弾いており、文化祭では
クラス合唱でピアノを弾く役と音楽部での合奏をすることになるのですが
文化祭前日に、“志保”はドアに手を挟んでしまい怪我をしてしまいます。
怪我を皆に黙って演奏をすることになるのですが…
もうこの“志保”の話しは3年間の頑張りが崩れそうになるところが泣き所でしたね。

8話は“蒼馬”メインの話しなのですが、
私は“蒼馬”の話しが一番泣けると思っています。
“蒼馬”は自分のせいで病気がちだった母親が倒れ入院していることが
中学3年間そればかり考えており、自分のせいで兄が大学に行かず
働いていることや、昔は兄は頭いいのになぜ自分はこんなに駄目なのか
などで悩んでいたのですが、唯一得意なサッカーはある理由でやめてしまい
自分は世界にいらないのではと思っていく“蒼馬”がもう可愛そうで可愛そうで。
最後に変わろうとする“蒼馬”を見るだけでもう泣けます。

9話は“奈七美”の話しで親の都合で東京から田舎へ引っ越さなければいけなく
なったことが嫌だったのですが、“志保”や“崇”に出会い色々変わって行き
最後には自分がやりたいことを見つけ、先へ進むことへ。
“奈七美”は初めは“志保”の事を嫌っていたのです、最後は“志保”に
自分のありったけの気持ちを伝えているシーンはグッと来ました。

なんだか皆大人だなと思ってしまいます。
中学生でここまで考えているのかと思わせてしまうくらいでした。
一人一人の話しが感動的過ぎて何度でも読みたくなる話しでした。

スポンサーサイト

武士道シックスティーン 4巻

  
51hxRauZWGL__SS500_のコピー

          
集英社 別冊マーガレット
武士道シックスティーン 4巻
誉田哲也 尾崎あきら



あらすじ
大会で力をふりしぼる仲間を目にして剣道部に戻りたいと思う香織だが、
なかなか踏んぎりがつかない。
そんな香織に対し、早苗は「ある理由」から挑戦状を叩きつけ、真剣勝負を挑む――。
剣を交えて愛を知る、青春ストーリー堂々の完結!!



いや~いい最終回でした。

全国大会で磯山のせいで、団体戦ダメにしてしまったこととかで
自分の剣道は、ただ相手を切り捨てるだけの物ではない
と三年生の最後の試合を見に行き、そこで剣道は
『互いを生かし合うための剣』と知ったところはとても良かった。

磯山はお父さんと昔のように、話せるようになり
早苗と、もう一度市民大会で戦うことになる。

このシーンは、一年間二人が真剣に剣道に向き合っていたのが
とても良くわかるシーンで、もうここが最後でもいいんじゃないかって
感じでしたw

最初と比べて磯山は笑顔が作れるようになり、早苗は剣道で
勝ちたいという気持ちになって、二人の成長がとても
良く描けている作品だったと思う。

武士道シックスティーン 3巻

   
51BQqZgdVqL__SS500_のコピー

           
集英社 別冊マーガレット
武士道シックスティーン 3巻
誉田哲也 尾崎あきら



あらすじ
関東大会で団体優勝したものの「剣道を続ける理由」を見失った香織は、剣道部から離れることを決める。
チームを刺激する香織を見て自分の剣道に疑問を持ち始めていた早苗は、香織を引き止めるが…!?
迷って、ぶつかって、それでも自分の道を探し続ける少女たち。
剣道の、そして漫画の神髄に迫る第3巻。



3巻、なんて良い話なんだ。
なんのために剣道をしているかわからなくなる磯山、色々な人
と話し、悩んだりして西荻と一緒に楽しく剣道をしようとして
いるところがとても良かった。
磯山がお父さんに認めてもらいたいってところがとてもいいですな。
コマの描写もとてもいいし、キャラも一人ひとり綺麗に描いて
あってオススメです。
次は4巻読もう。

武士道シックスティーン 2巻

   
517PmRqPM6L__SS500__edited-1.jpg

          
集英社 別冊マーガレット
武士道シックスティーン 2巻
誉田哲也 尾崎あきら



あらすじ
1年生ながら、関東大会団体戦の先鋒に選ばれた香織。
不安定な実力ながら、早苗も補欠に選ばれる。
予選の最中に、香織が負傷!?
痛みを押して出場するものの、試合後に倒れてしまった香織は…!?
そして、早苗の足捌きの秘密とは!?
大人気連載、待望の2巻。



いやいや1巻に続いて2巻も読みました。
2巻は早苗目線のところが多くて、早苗は勝ち負けなんて関係ないという、考えで剣道をやっていましたが、その想いが変わりつつある2巻目でしたな。
磯山の過去もかなりよかった過去にあんな…。
このちょいちょいある、4コマがまた面白いw
明日は3巻かな。

武士道シックスティーン 1巻

    
51ECKQ30Z2L__SS500_のコピー
          
集英社 別冊マーガレット
武士道シックスティーン 1巻
誉田哲也 尾崎あきら



あらすじ
剣道エリートの香織が、無名の選手「甲本」に敗北!?
兄の宿敵「岡巧」を倒すため、そして、「甲本」と再び戦うため、
香織は゛東松学園゛に入学して…。
青春時代を剣道にかける少女たち。
傑作青春小説を完全漫画化!!



磯山香織が甲本(西荻早苗)が、剣道の試合をするところからり、まさかの剣道歴3年の早苗にエリートの磯山が負けてしまうところから始まるとは、展開が速いのかと思いきや、ここから二人の話が始まるところがいいのですよ~
磯山は負けたのが気に食わなくて、早苗が行く東松学園に行くんですがそこから、この二人の剣道に対する意識や想いがいろいろと変わっていくところがとても面白かったです。
プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。