スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変態王子と笑わない猫。 1巻

51UFBVvnR2L__SL500_AA300_.jpg

メディアファクトリー アライブ
変態王子と笑わない猫。 1巻
お米軒 さがら総 カントク



あらすじ

“横寺陽人”は頭の中身が煩悩まみれな高校二年生。
ひょんなことで“笑わない猫像”に祈ったら、心で思ったことが垂れ流し状態に!
そんな人生大ピンチを救ってくれたのは、可愛くてクールな無表情娘“筒隠月子”。
猫像のせいで喪われた本音と建前を取り戻すべく、二人は手を取り合う!
爽やか変態×冷ややか少女の青春迷走ラブコメ、コミカライズ第1巻!





コミカライズまってました~
原作はライトノベルで出ておりまして、とても面白い作品です。
話しの流れは“横寺陽人”は本音が言えなという悩みを持ちつつ、
日頃悩んでいたところ、友達の“ポン太”から“笑わない猫像”の噂を聞くことになる。
その“笑わない猫像”とはお供え物を捧げるといらないなにかをだれかに
押しつけてくれるというものでした。
“横寺陽人”は本音が言えるようにと自身の建前や嘘を言うのを取り除きたく
“笑わない猫像”のもとへお供え物持ち行くことになり、“笑わない猫像”の場所で
“筒隠月子”と出会うことに“筒隠月子”は本音が表に出やすい性格で、“笑わない猫像”
に自身の本音があまり出ないようにと願い、その日は二人ともそのまま帰ったのですが、
翌日“横寺陽人”は思っている事をペラペラと喋ってしまう本音人間になってしまい、
周りからは“変態王子”とあだ名まで付けられてしまう。
“筒隠月子”は表情や声がうまくつくれなくなってしまいクールな感じになってしまい
これではお互い生活に支障をきたすことになるとのことで元に戻るため、もう一度
“笑わない猫像”に願うため“本音の表情や建前のセリフ”が邪魔だと思っている
人を探すため二人は協力して自分達の本当を取り戻そうとします。

1話の“筒隠月子”が可愛いw
“横寺陽人”のお供え物(ダッチワイフ)を見てそれを死体だと思い込み
逃げてしまうシーンなどの表情が面白いです。
「日本中のおまわりさんがわたしの味方です!!」とかセリフが一個一個笑ってしまう
ようなセリフばっかりでニヤニヤが止まりませんでしたw
2話以降は表情があまり変わらなくなり、セリフもクールな感じになってしまい
少し残念な感じもしました。

2話から“小豆梓”が登場!!
このキャラが色々と大切なキャラになっておりまして、1巻でこのキャラについて
言ってしまうと1巻の内容丸々の内容となってしまうので控えておきます。

今後漫画版ではどう進んでくれるのかとても楽しみです。
ライトノベルともほとんど絵は変わりなくとても綺麗でした。
2巻も期待しています。
スポンサーサイト

のんのんびより 2巻

51+WSHgKszL__SL500_AA300_.jpg

メディアファクトリー アライブ
のんのんびより 2巻
あっと



あらすじ
田舎にある学校「旭丘分校」には、中高合わせて生徒は5人のみ。
平穏な日々がまったりと過ぎていくだけの学校生活も、
いよいよ夏休みに突入。
自由研究やラジオ体操、みんなで海水浴へいったりと、
なにもないどけ楽しい日々。
豊かな自然に囲まれて、豊かに日々を過ごす
少女たちのゆるゆるド田舎コメディ、第②巻!



昨日の勢いで2巻目になります。
2巻では、新キャラとして越谷姉妹の母が登場。
越谷姉妹とは、表紙に居る赤い髪の子と茶色い髪の子です。
茶色い髪の子が小鞠・姉。
赤い髪の子が夏海・妹。
なのですが表紙から見ても小鞠の方が見た目、妹にしか見えません。

11話目で、蛍(表紙:黒髪の子)が越谷家の朝ごはんに誘われて行く
話しなのですが、ここで出てくる味噌汁にミニトマトが入っているの
ですが、これは…個人的にはなしだと思います。
味噌汁にミニトマトって…

16話目では、肝試しの話しなのですが、1巻でもありました小鞠は怖い
物が苦手というので小鞠は脅かす役になったのですが、猫にですら
怖がったりなど怖がらせる方なのに逆に色々な物で一人で大変なことに
なって小鞠が可愛すぎましたw
最後のおまけで描かれている小鞠が泣きながらお化けの格好をして
「お化けだぞぅ!」が一番可愛かったですw

早く3巻が読みたいです。
いつ発売なのだろう?

のんのんびより 1巻

51tyvlYlpdL__SL500_AA300_.jpg

メディアファクトリー アライブ
のんのんびより 1巻
あっと



あらすじ
田舎にある学校「旭丘分校」には、中高合わせて生徒は5人のみ。
みんな家の鍵は閉めないし、たぬきはよく出るし……
どこか不便だけど、でも何だかんだで気ままに過ごしている。
『こあくまメレンゲ』のあっと先生が描く、ド田舎の学校に通う
少女たちのまったりライフ。待望の第1巻登場です!



小学生と中学生が同じ学校でしかも全校生徒が5人しかいない
田舎が舞台なのですが、殆ど4人の話しです。
4人女の子で1人男の子が居るのですが、男の子が一番年上のはず
なのですが出番は全然ありませんでした。

主人公は東京から転校してきた、一条蛍小学5年生なのですが、
この子がまた小学生に見えないのです。
動見ても中学生以上だろと思うのですが、4話のウサギ小屋に
閉じ込められた時の「ママがシチューつくってくれるって
言ってたのにー!!」というシーンで心を射抜かれましたw
蛍ちゃんめっちゃ可愛かったですw

他に5話目なのですが、越谷小鞠がレンタルビデオ屋で
ホラー映画を借りてきて、
夜寝れなくなるという話しなのですが、これがまたギャグ
満載でたまりませんでした。
妹の夏海がいい味出しておりまして、姉をわざと驚かしたりなど
古典的でしたがとても面白かったですw
プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。