スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バガタウェイ 6巻

51f1LUY87sL__SL500_AA300_.jpg

マッグガーデン 月刊コミックブレイド
バガタウェイ 6巻
古日向いろは



あらすじ

交流戦準決勝。前半に3点差をつけられた“筑紫学園”は後半から
出場した天神の“アニス”の実力に、さらに圧倒される!
終始劣勢ムードが漂う中、心にある変化が芽生え始めた“ソラ”は…





等々前半の話しが終わる感じになりました。
この漫画は、ド田舎の離島で実家のラーメン屋を手伝っていた“空木雫”は、
母親から「三年間青春してきなさい!」と本土の高校へ進学させられ、
筑紫学園高等部に入学する。
そこで出会ったのはラクロスという見たことも聞いたこともないスポーツだった。
ラクロス部に入部した雫は仲間との交流も通じて、
その非凡なラクロスの才能を開花させてゆくという話しになっております。
前回までは、ラクロス交流戦2回戦に進むことになる“筑紫学園”は
次の対戦相手、“天神高校”大地の精霊さんとの再会を経て、
最強チーム“天神”へのソラ達“筑紫学園”の挑戦が今始まる…!!
というとこまで行きました。
今回の巻では“筑紫学園”VS“天神”の戦いの途中から始まりました。

6巻始めに“天神”のメンバー交代で“風磐アニス”が登場するところから始まり
この“アニス”が強いのなんのと、途中から参戦したにも関らず直ぐに1点を
入れてしまい皆驚きでした。
外見からはこんなに強いだなんて思えなかったですよ。

この巻では、各キャラが少しずつ成長していく様が描かれておりました。
特に成長したのが“悟桐皐”でした。
“悟桐皐”は“天神”の“竜ヶ水麗香”から「西郷貴音になろうとするな」と言う
一言で自分のプレイをすれば言いと気づかされ、一歩前進することになるのですが
この“竜ヶ水麗香”が背が低いのにゴーリーをしているのですが、もうかっこいいとしか
言いようがないですw

更に成長したキャラは“空木雫”でした。
このキャラはラクロスで勝ちたいという意思はあまりなく、楽しくプレイできればいいと
考えるキャラだったのですが、6巻の最後のほうでは勝ちたいと思い始めたりと、強くなり
次は勝つと意気込み公式戦に挑むことになるのですが、今後どう強くなっていくのかが
とても楽しみですね。

毎回この漫画はスポーツ漫画なのですが乳がけしからん感じがしますw
今回の巻で登場した“アニス”もけしからん体だったり、“ソラ”のゴールシーンなんて
スパッツの部分がもう大変でしたw

7巻からは夏の合宿に行くという話しになっており、
どんな練習をするのか今から楽しみです。
スポンサーサイト

すみっこの空さん 1巻

51VhYikh59L__SL500_AA300_.jpg

マッグガーデン 月刊コミックブレイド
すみっこの空さん 1巻
たなかのか



あらすじ

小学一年生の“空さん”とギリシャリクガメの“プラトン”が、
歴史にその名を遺す偉人の格言とともに、
日々に疲れた貴方の心にほっこり笑顔を灯す--
てちゅがく系すみっこヒーリングストーリー、お届けします。





たなかのかさんの新作がついに登場しました。
前作の『タビと道づれ』もよかったですが、この新作は
もうたまりませんでした。
話しは、都会から故郷の田舎に引っ越してきた元・絵本作家の
青年(神さま)とペットのカメの“プラトン”は、
隣に住む小学一年生の“空さん”という女の子に出会います。
最初に“空さん”が自分の名前を“神さま”と“プラトン”に
言ったときに“プラトン”が“ソクラテス”とものすごい聞き間違い
をし、“空さん”を先生と呼ぶように。
“空さん”はなんと“プラトン”と話すことができ、
二人は色々な哲学を学んでいくことになるのです。

たなかのかさんの絵はたまりませんね。
“空さん”がもう可愛すぎてたまりません。
1コマ1コマの“空さん”のちんまりした絵が癒されます。

2話目で“空さん”がランドセルを背負っているのを
“プラトン”が見て「先生が亀に進化したお姿」というところは
完全に勘違いしているよ“プラトン”と言いたいほどでしたよw
“プラトン”は色々勘違いしているセリフがちょいちょい出て
おり、いいキャラですw

3話で登場する“空さん”の親戚“夕ちゃん”は高校1年生で
少しツンケンしたところのあるキャラです。
個人的にはこのキャラはきっとツンデレなのだと思っています。
今後きっとデレ期が来てくれるはずw
この話しで“夕ちゃん”が“空さん”に注意した後に言った“空さん”の
「…空さん、ほめてのばしてほしいな」というセリフの“空さん”がもうw

5話の話しは“神さま”メインの話しでした。
以前働いていた絵本作家の事で少し落ち込むことがあり、元気を出すために
カレーを作ることになり、そこえ“空さん”も登場し二人で作ることに。
この話しではなんと“空さん”の給食当番の服装で登場し、
もうやばかったですw
最後には作っていたカレーは中辛で、それを知らない“空さん”は
大変なことになってしまうのですが、最後の“空さん”の
表情は笑ってしまいましたw

この漫画は1話1話がホンワカする話しばかりで、
今一番の癒し漫画だと思います。
読んでいると“空さん”の表情を一つ一つで癒される感じがしました。
この漫画は今一番のオススメしたいと思います。

-ヒトガタナ- 5巻

41jh8-vy2GL__SL500_AA300_.jpg

マッグガーデン 月刊コミックブレイド
-ヒトガタナ- 5巻
オニグンソウ



あらすじ

“芹”と“御形”。
過去のライバル同士が長い時を隔てて今、
互いの譲れぬ思いを乗せて激突する“芹”と“御形”。
一方で、“対刀犯罪課”一班各務が向かう先では、
予期せぬ事態が起こっていた…。





5巻待ってましたー。
この巻では“対刀犯罪課”と“アルチザン”の戦いに決着が!!
前回までの話しは、“アルチザン”は「刀」を操るためだけに、
小さい頃から投薬や戦闘訓練を施された5人は戦いの場を求め、
通常の「刀」より戦闘力を向上させている特別な五体の「刀」
“天下五剣”で“対刀犯罪課”に戦いを挑むことに。
戦いは互角の戦いに。

5巻では最後に残った“芹”と“御形”の戦いがメインでした。
“芹”は昔“アルチザン”に居たのですが、そこから出て
“対刀犯罪課”に入ったのですが、そこまでにいたるまでの
“芹”が過去どんなに辛かったことや今がどんなに幸せなのかが
表情一つ一つに表され、“御形”が過去の“芹”しか知らず、
今の“芹”が笑顔になっているのに嫉妬しているシーンなども
見所でした。

中盤では“対刀犯罪課”“アルチザン”“天下五剣”この3つが
なぜ存在するのかという真実が判明することに。
5巻でやっと本編に入ったというところでしょうか。
ここからの話しがどう進んでいくのか楽しみです。

最後の2話は“十種”と“羽々斬”のお祭りデート的な話しで
“羽々斬”の浴衣姿はものすごく可愛かったですw
この巻から等身が低く描かれるところが多くなっていた気もします。
等身が低い“羽々斬”もとても可愛かったですw

アルチザン編も終わり、新たな敵も出てきまして、
“対刀犯罪課”の「刀」とかも今後強くなるのかそれともこのまま
なのかどうなるのでしょう。
それに“十種”も今後どう強くなっていくのかとても楽しみです。
6巻は来年の3月予定とのことで、待遠しいです。

素足のメテオライト 1巻

517ddo3AR2L__SL500_AA300_.jpg

マッグガーデン 月刊コミックブレイド
素足のメテオライト 1巻
小西幹久


あらすじ
有史以来、人は神に祈り続けてきた。
集積した無数の祈りに求心だれ、ついに紙は現代に顕現する。
人智を超えた力で願いを叶える「神」ダルミルとはからずも
神を顕現させてしまった普通愛好青年、有介。
人と神の物語は、青年の家が無くなる頃から開闢となった…。



またもや表紙買いしてしまいました。

物語は“朝田名有介”が流星群に願い事をするところから始まります。
翌日、学校が終わり家へ帰るとなんと隕石の落下で家がなくなりその
隕石から“ダルミル”が現れ「お前の願い、叶えんがために来た神で
ある」とどんな願いも叶えてくれる神様が現れるのです。
その後謎の生物に“ダルミル”が狙われ“朝田名有介”は神の力を使い
“ダルミル”を守ることになります。
1巻ではこのような感じの話でした。

まだ謎の部分が多くなんともいえない作品なのですが、話しはいいと
思うのですが、絵が…
絵がなんだか安定していない感じがしました。

このマンガは結構ギャグが面白かったです。
“朝田名有介”の必殺技の名前が「ちく掌」になってしまったり
2度目の謎の生物とのバトルで新しい能力や武器を試してことごとく
ダメだったシーンなどとても面白かったです。

シュタインズゲートのアニメを見ているせいか、“カメ次”という
キャラが“ダル”に見えて仕方なかったです。

このマンガは2巻以降読むは微妙ですね。
1巻の最後はとても気になるところで終わりましたが、なんとも絵が…

-ヒトガタナ- 4巻

  
41vUdXnZI6L__SS500_.jpg
                                      

マッグガーデン 月刊コミックブレイド
-ヒトガタナ- 4巻
オニグンソウ



あらすじ
今、この瞬間、この場所こそが、自分達の待ち焦がれた舞台――。
遂に巡り訪れた戦いに歓喜し、『天下五剣』を操り『対刀犯罪課』と死闘を繰り広げる『アルチザン』。
『対刀犯罪課』も彼らに対し総力で挑むが、過去と向き合うことを恐れる忍は、動くことができず…。




アルチザンと対刀犯罪課の戦いがはじめりまして、アクションシーンがかなりすごかったです。
流石オニグンソウ先生、絵がすごく綺麗ですよ~。
4巻目でついに、格班の班長が戦闘に出てきて面白くなってきました。
個人的には五班班長の刀が良かったですね~
まだ十種の最終兵装が出てないのでいついつでるのかが、気になってしょうがないw
5巻は今年の夏頃予定みたいってことで待ちきれないですよw

プロフィール

イコロ  

Author:イコロ  
基本毎日コミック読んでます。
少年マンガ、少女マンガ、青年マンガなんでも読んでます。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセス数
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。